入試に備えて対策をとる|例文を参考にしながら志望動機書を上手に書こう
対策NET

対策NET

例文のような綺麗な志望動機書を書くために

入試に備えて対策をとる

レディ

入試の対策

入試対策として勉強に励む受験生はたくさんいます。苦手科目やテスト対策などに力を入れて取り組んでいる受験生もいますが、AO入試や推薦入試の場合はテスト以外の対策も行わなければいけないのです。

AOや推薦入試では

AO入試や推薦入試では書類選考があります。学校側からの推薦状や志望動機書を確認しながら審査の合否を決めていくので、例文を参考にしながら表現力やアピール力を身につけておく必要があるでしょう。

話の流れを守る

志望動機書を書く場合には、話の流れをしっかりと守っておく必要があります。学校を選んだ理由から、いきなり将来の夢の話をしても文脈がズレていて読み手側にも意図が伝わりにくくなってしまうのです。読み手に伝わるように話の流れを考えて書いていきましょう。

エピソードを混ぜる

志望動機書の書き方に自分が体験したエピソードを混ぜて書く方法があります。自分の体験談は読み手側である面接官の関心を引くことにも繫がるので、具体的に書いていくといいでしょう。しかし文章のバランスに関しては注意が必要なので気をつけましょう。

志望動機の気になること!相談コーナー

志望動機書は面接時にも使われますか?

志望動機書は面接時にも利用される場合がありますが、必ずという訳ではありません。しかし、いつでも質問されてもいいように志望動機書に書いた文章は頭に入れておくといいですね。

面接官は志望動機の何を見ているんですか?

面接官が見る志望動機書のポイントとしては、まず学校の校風に相応しい生徒か、という部分が重要になってきます。また、誤字脱字や段落の使い方に関する部分などもチェックポイントになっています。

参考書って役に立ちますか?

志望動機書の書き方の参考書はいくつも出ています。参考書の中には元面接官が書いている志望動機書の書き方!とった本もあるので役に立つでしょう。多くの知識を仕入れて、活用していきましょう。

志望動機書を書くためのコツを教えて下さい…

参考サイトや参考書を確認する以外では、学校のオープンキャンパスを利用して多くの情報を得るという方法があります。オープンキャンパスには担当の教員がいるため詳しい話を聞けて志望動機書に活かせますよ。

広告募集中