合格する志望動機書の書き方|例文を参考にしながら志望動機書を上手に書こう
対策NET

対策NET

合格するための志望動機書の書き方を例文を使って見つけよう

アドミッションポリシーを理解する

志望動機書をうまく書くためにはアドミッションポリシーをしっかりと理解する必要があります。アドミッションポリシーとは志望校や目指す学部がどんな人材を求めているのか、という意味になっています。志望校側で掲げている人物像がどういったものなのかを調べてみるといいでしょう。

志望動機で意識されていることランキング

no.1

【1位】自分の考えをしっかり書く

志望動機書で意識されている取り組みとして自分の考えをきちんと書く、ということがたくさんの受験生に取り組まれています。志望動機書は自分の気持ちをしっかりと志望校に伝えるためのものになっているので、意識している事としては一番多いのです。

no.2

【2位】推薦書に沿って書く

AO入試や推薦入試で必要になる志望動機書ですが、在学中の学校から推薦書と一緒に送ることがほとんどです。事前に推薦書に書かれている内容を聞いておき、志望動機書に合わせるように書くことも受験を控える学生に意識されていますよ。

no.3

【3位】長所は一つに絞る

長所はたくさんあれば良い、と考える学生もいますが数ある長所を紹介するよりも、一つに絞ってアピールするほうが効果があります。そのため長所は多くても二つまでという意識をしている受験生が多いとされています。

no.4

【4位】活動をアピールする

志望動機書で意識されていることランキングで4位になった活動のアピールですが、このアピールは学校生活以外での活動をアピールするように意識されています。目指す学部によって活動が違うのでその点もきちんと把握しておきましょう。

no.5

【5位】学校の情報を取り込む

志望動機書には志望校の情報を盛り込むと担当教員にアピールすることが出来ます。ランキングとしては5位でしたが、志望動機書を作成している学生の中にはオープンキャンパスや志望校のホームページなどを確認して文章の構成に励んでいるようです。

合格する志望動機書の書き方

文房具

入試の第一関門

入試にはいくつかの関門があります。その第一関門として表れるのが志望動機書です。書類選考でも確認されるので、しっかりと構成を考え自分の言葉をまとめて書いていかなければ二次選考や面接まで進むことが出来ないのです。

合格者の志望動機書

合格者が書いた志望動機書には、文章がわかりやすい、短文で読みやすい、体験談が明確に記載されているというポイントがあります。これらのポイントを押さえて構成していくことで読み手側に興味を持ってもらえる志望動機書を書いていくことが出来るのです。

広告募集中